FC2ブログ

>> EDIT

男ぎらい

カラスウリの花

居候のアイ紀の川で鯉に遭遇朝の散歩に、紀の川で居候のアイと水遊びをと

思って出かけたが、その前に散歩道から少し離

れた山辺の道へ。

そこで見つけたカラスウリの花。

夕方から夜にかけて神秘的な花を咲かせ、朝に

は萎んでしまうのに、この子はまだ妖艶な花姿

を残している。

花言葉は「男ぎらい」とか。夜に妖艶な花を咲

かせて、この花言葉…。……。

他に「よき便り」や「誠実」の花言葉も。


居候のアイには、一目惚れした可愛い彼女からの「よき便り」は届きそうにない。

紀の川で出くわした鯉の姿にこの表情。

彼女 の事など、すっかり忘れているようだ。

   ………………………………………………………………………

居候「アイ」の散歩道で見つけた草花を描いて作品にしています。こちらでも
是非ご覧下さい。
防野宗和の のほとけの散歩道 ■ 防野宗和の のほとけの散歩道 居候のアイと…!

| 未分類 | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

飼い主の心、居候知らず

天野池

天野池の水車この猛暑で、居候のアイは家でグッタリ。

陽が落ちないことには散歩に出ようとしない。

居候 の乗っていない車で、たまたま見つけ

たアサザ(浅沙)の花。我が家から車で30分程の

天野の里(和歌山県かつらぎ町)の天野池。世界

遺産に登録されている丹生都比売神社にほど近

い場所にある。

アサザの花は早朝に開花するものの、日射しが

強いと昼頃に萎むとか。午前9時に少し前の曇り空、小さな黄色い花に巡り会えて運が

良かった。

アサザの花言葉は「信頼」。最近の居候は、飼い主につれない。この猛暑で、仕事

部屋にクーラーが入っていないと寄りつかなくなった。居候は、冷房の効いた部屋に

暫く居るだけでお腹を下す。それが心配な飼い主は、極力クーラーの使用を控えて…。

たまに部屋を覗いて、冷房が効いていないと知るや、一瞥をくれて階下に下りて行く。

最近チョットよそよそしい。

飼い主の心、居候知らずだ。

   ………………………………………………………………………

居候「アイ」の散歩道で見つけた草花を描いて作品にしています。こちらでも
是非ご覧下さい。
防野宗和の のほとけの散歩道 ■ 防野宗和の のほとけの散歩道 居候のアイと…!

| 未分類 | 13:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

思い出の恋人

西洋オダマキ西洋オダマキを見つけたのは、居候のアイとの

散歩道ではなく……。

家人が急に、アジサイを見に行こうと言い出し

「花園あじさい園」へ行くことに。

下界(?)と違って7月〜8月にかけてが見頃と、

誰かに聞いてきたらしい。

自宅から高野山までが一時間足らずで、そこか

ら龍神スカイラインで十数分、それぐらいなら

ばと、居候のアイを残して 車を走らせた。

以前どこかで見た、見事なアジサイの花を思い

出しながら 目的地に。……。……。……。

あぁ〜…何と言うことでしょう…。

辺りはグリーン1色。

聞けば、まだ一週間ほど早すぎるとか…。

こちらのアジサイ園へ訪れようと計画している方はご注意を。

救いは、足下に咲いていた西洋オダマキの繊細な花。花言葉の「思い出の恋人」と、次

に期待しよう。

   ………………………………………………………………………

居候「アイ」の散歩道で見つけた草花を描いて作品にしています。こちらでも
是非ご覧下さい。
防野宗和の のほとけの散歩道 ■ 防野宗和の のほとけの散歩道 居候のアイと…!

| 未分類 | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

くじけない心

幸せの花ねぎ坊主

居候のアイ居候のアイの飼い主は、この「花ねぎ」が好き

で、よく絵添え文の作品にしています。

夕暮れ時の散歩道から少し足を伸ばした畑に、

すくすくと育っている姿をカメラに。

花言葉の「愛嬌」や「笑顔・微笑み」も飼い主

の好みで、この花ねぎを「幸せの花ねぎ坊主」

と勝手に名付けて作品にしている。

ちょうど一週間前、作品をご覧いただいた方から連絡があって、幸せの花ねぎ坊主

「風のように 花のように」と記した作品を購入いただきました。

ところで居候のアイ、なかなかお目当ての彼女 に出会えない。

もう一つの花言葉の「くじけない心」で、明日も彼女 を探しに来ようか。

   ………………………………………………………………………

居候「アイ」の散歩道で見つけた草花を描いて作品にしています。こちらでも
是非ご覧下さい。
防野宗和の のほとけの散歩道 ■ 防野宗和の のほとけの散歩道 居候のアイと…!


| 未分類 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

黒一点

紅一点のザクロ「万緑叢中紅一点」万緑叢中(ばんりょくそう
ちゅう)に紅一点あり

「動人春色不須多」人を動かす春色は、多きを
用いず。

「一面緑の草原に 一輪の紅い花が咲いている
それだけで春の風景は人を感動させる」


これは、中国の宋の時代の政治家で、詩人でも

あった王安石の詩「柘榴 (ざくろ)詩」の一節

「紅一点」という言葉は、柘榴(ザクロ)のこの

紅色からきている。

そのザクロの花言葉は「成熟した美しさ」

多くの男性に交ざって女性が一人…。

成熟した美しい女性 に焦がれる居候のアイ

は、未だに黒一点。

| 未分類 | 12:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>