FC2ブログ

<< 2012-03- | ARCHIVE-SELECT | 2012-05- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

幸せの黄色い花

黄色い花とアイ居候の鼻先に咲いている黄色のかわいい花は、

キンポウゲだと、畑仕事をしていたお婆さんが

教えて下さった。名前を聞いた事はあったが、

この花に今まで気づかずにいた。

「幸福」「 無邪気」の花言葉がよく似合って

いて、ホッコリ気分。

で、更に居候の赴くままに歩を進めると、同じ

様な黄色の草花に出会う。こちらはこの季節に

よく出会うカタバミ。この「輝く心」も先程の

キンポウゲと似て、春を迎えた嬉しさが伝わる

花言葉。

爛漫な居候にお似合いか。

   ………………………………………………………………………

居候「アイ」の散歩道で見つけた草花を描いて作品にしています。
こちらでも是非ご覧下さい。
防野宗和の のほとけの散歩道 ■ 防野宗和の のほとけの散歩道 居候のアイと…!
スポンサーサイト

| 未分類 | 20:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

カラスノエンドウ

烏野豌豆いつもの紀の川の堤とは正反対の山辺の道を、

食い意地の張った居候のアイは、今日も鼻柱を

地面に擦り付けながら歩く。

その先にはカラスノエンドウが…。

カラスノエンドウは「烏野豌豆」と書き「烏の

豌豆」ではない。つまり野生の豌豆(野豌豆)の

ことで、烏とは、ナントカ擬(もど)き っていう

意味。カラスウリもそのテイだ。じゃあ、ウメ

モドキはどうなんだろうと…。 カラスウメ

でもよさそうなものですが…。 とバカな事

を考えながら…。

このカラスノエンドウは、天ぷらやごま和えで

戴ける。旨みも歯ごたえも、えぐみも無いと聞

いては食欲はわかないが、胃炎や黄疸の薬効があるらしい。

ラーメンの薬味に使うと美味しいとの事なので試してみよう。

草花にはいつも知らん顔の居候のアイ、カラスノエンドウの天ぷらは食べそうだ。

   ………………………………………………………………………

居候「アイ」の散歩道で見つけた草花を描いて作品にしています。こちらでも
是非ご覧下さい。
防野宗和の のほとけの散歩道 ■ 防野宗和の のほとけの散歩道 居候のアイと…!

| 未分類 | 18:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

控えめな優しさ

椿と桜そしてアイ4月に入って間もなく一週間だというのに、

まだ肌寒い。それでも桜の花はもう満開だ。

「壮大な美しさ」「優れた美人」と女性に例え

た花言葉通り、見事に咲き誇っている。

その桜から少し離れた場所に目を移すと、いく

つもの椿の花が道の片隅に落ちている。

花姿はまだまだ美しく、そんなに慌てて花を落

とさなくてもと思うのだが……。

そんな椿の花言葉も女性に例えて「美徳」や

「女性らしさ」とある。優雅な桜が咲く頃に、

椿は自らの美しさを押し殺して、その美しさを

桜の花に譲るのだろうか。

そう椿には「控えめな優しさ」の花言葉も。

ところで居候のアイ、遅い散歩から帰って、飼

い主が阪神タイガースの勝利に酔っている頃、

人の枕で既に夢の中?  控えめな優しさなど微塵もない。

   ………………………………………………………………………

居候「アイ」の散歩道で見つけた草花を描いて作品にしています。こちらでも
是非ご覧下さい。
防野宗和の のほとけの散歩道 ■ 防野宗和の のほとけの散歩道 居候のアイと…!

| 未分類 | 16:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

私のもとへ帰って

アイと黄水仙昨年もこの時季に、同じ場所に咲いていた。

水仙は多年草だから当たり前なんだけれど、

この黄水仙を見るとなんだか心が休まる。

花言葉の「私のもとへ帰って」とは意味深だが

誰かのもとへ帰れば心が休まる?。

冬に咲く、白いニホンスイセンは、辺りの堤防

イッパイに花をつけ、それはそれで見事だが、

ここの黄水仙はポツリと花をつけるだけ。

その可憐なポツリさに惹かれて、帰り来る…。  水仙の学名は「Narcissus」で

水に映る自分の姿にホレボレした ギリシャ神話のナルシスからきている。日本水仙

の花言葉「自己愛」は、ここからきているんだネ。

ラッパ水仙の花言葉が「尊敬」「心づかい」だから、水仙の種類によって花言葉が変わ

るからオモシロイ。

ギリシャ語で「麻酔」の意味もある水仙、居候のアイも酔っている…。

   ………………………………………………………………………

居候「アイ」の散歩道で見つけた草花を描いて作品にしています。こちらでも
是非ご覧下さい。
防野宗和の のほとけの散歩道 ■ 防野宗和の のほとけの散歩道 居候のアイと…!


| 未分類 | 15:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。